返済計画

キャッシングの特徴って何?

まずは「キャッシングの定義」を確認しますと、これは「金融業を営む会社から利用者が自由な目的で使いたいお金を借りる事」と説明表現出来ます。
これは「無担保かつ保証人不要で借りたお金の用途は借りた側の自由」という条件を満たす「融資」なのです。
銀行で融資を受ける場合、基本保証人を立てる必要がありますし、審査時に借入金の用途も申告しなければなりません。

あるいはローン商品としての「自動車ローン」「住宅ローン」「学費ローン」のように、最初から目的が設定された借入では無いのです。
この「自由で気軽で簡単」な特徴が利用者にとっては大きなメリットであり、今日はクレジットカード各社、消費者金融のみならず銀行系カードローンも多数の利用者を有しています。
利用に際しては各キャッシング会社所定の審査を通過する事が必要で、これをクリアすれば会社側が設定した限度額の範囲内でのキャッシングが可能となります。

借入金は利用者指定の口座に指定金額を振り込んで貰う、カードを利用して所定のATMから任意に引き出すなど選択肢が存在しています。
返済方法に関しても、月々一定額の返済を続けるリボルビング返済、翌月一括返済、あるいは契約時に設定した任意の返済スタイルなど、こちらも柔軟対応出来るシステムとなっています。
ですが借入に対しては法定金利内での所定の利息が発生しますので、利用者はこの部分も正確に把握して余裕を持って利用する姿勢が必須です。

キャッシングのメリットとしてはやはり、昨今各社が謳う「即日審査即日融資」のスピード感が大きな魅力でしょう。
上記の銀行からの借入の場合、数週間単位の審査機関は避けられず、急にまとまった金額が一時的に必要となった場合には不向きです。
また全国各地のコンビニATMなどからもキャッシングが可能な環境整備が進んでおり、利便性に優れた点も見逃せないサービスだと言えるのです。

このように利用者主導スタイルで臨機応変に活用出来るが故に、利用者側のしっかりとした自己管理が求められる点もまた、キャッシングの特徴に挙げる事が出来るでしょう。
簡単にまとまった金額を手に出来る事に麻痺してしまい、自身の返済能力を超えた借入を重ねた挙句、結果債務過多から破たんしてしまうリスクが潜んでいる事を忘れてはなりません。
こうした特徴をしっかりと自覚の上、計画的にピンポイントで活用すれば、皆さんの経済社会での生活に於ける「ここ一番の心強い味方」となってくれる、それがキャッシングなのです。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.