返済計画

主婦でもこっそりキャッシングができる方法

一般社会的には「無職」のカテゴリに含まれる専業主婦ですから、自ずと「自力定収入ゼロ」と判断される事となり、キャッシングは望めないというのが一般的な見解である事に異論は無いでしょう。
ですが世の中の諸々の事象には「抜け穴」と言えば表現が不適切かも知れませんが、いわば「裏技的手法」が存在しており、それがキャッシングの世界にも共通しているのです。
あくまで合法的な「専業主婦でも内緒でキャッシングが出来る方法」を、以下に特別にお話したいと思います。

去る2010年6月、新たな総量規制なる法律の施行により、専業主婦はそれまで以上に金融機関からの借入が難しい状況となった経緯を先ずはご確認ください。
専業主婦が借入を起こす際には配偶者の年収証明や同意書などの提出が必要で、金融機関側からしても非常に手間暇が面倒であり、最初から「専業主婦はお断り」の会社も少なくないのです。
ところがこの総量規制、銀行系キャッシングに関しては適用されておらず、主婦は自身の身分証明証さえ提示出来れば、配偶者の収入証明や同意書不要で申込が可能なのです。

すなわち「旦那さんに内緒でお金を借りる事が出来る」事となり、その可能性が期待出来るのが銀行系カードローンなのです。
今日インターネットなどでキーワードを「専業主婦」「借入可能」「カードローン」などと入力すれば、専業主婦でも審査申請可能な会社が複数画面に登場します。
詳しい内容は各々の会社の公式ホームページにアクセスする事で確認が可能ですし、更にはこうした各会社を一覧表形式で紹介しているサイトも複数閲覧出来ます。

各々が打ち出し謳うメリットなども含め、比較検討するのに有益かと思われますので参照してみると良いでしょう。
ですが専業主婦がキャッシングを利用するには当然、審査というハードルをクリアせねばなりません。
社会的に無職無収入前提での貸付ですから、審査基準が単純に「甘い」とは考え難い現状も踏まえておく必要があるかと思われます。

ご主人には内緒という守秘義務を各会社は当然守ってくれますが、それでも申込者の個人情報を審査に際して開示する作業を伴う事は踏まえておきましょう。
忘れてはならないのは「申し込んだ〜と言って100パーセント確実に融資が受けられるとは限らない」という事実なのです。
それでも収入が無いとされる人達も合法的にお金を借入る事が出来る今日というのは、非常に便利な時代だと再認識させられるばかりです。
専業主婦の場合は特に、あくまで「へそくり」「家計から旦那に内緒で捻出して」返済に充てるお金を用立てる必要に迫られますので、借り過ぎは何より厳禁である点も忘れてはなりません。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.