返済計画

消費者金融系のカードローンって何?

ここでは今日すっかり一般的にも周知され、多くの愛用者を日々更に増やし続けている消費者金融系カードローンを、銀行系カードローンと対比する形で検証してみたいと思います。
各々の特徴を確認する事で、より皆さん自身にマッチしたカードローンを選択する事のお役に立てれば幸いです。
まず最初に着目したいのが、消費者金融系には「総量規制がある」という点なのです。

ちなみにこの総量規制を補足しますと、利用者の年収の3分の1以上の借入が認められない上限規制の事であり、銀行系カードローンは適用外となっています。
次に銀行系カードローンは専業主婦の借入も可能ですが、消費者金融系では利用者が一定以上の低収入を有している事が貸付条件と定められています。
いわゆるフリーター、更には就職内定者や就職後在職期間が短い利用者の場合、審査を通過出来ないケースが少なくありません。

そして貸付限度額ですが、こちらも銀行系カードローンよりも上限設定は低く、前者が300万円、後者が500万円と定められています。
ここまでの検証からは「銀行系カードローンの方が幅広い利用希望者がより大きな金額を借り入れられるから便利だ」的なイメージを抱きがちですが、まだまだ話は続きます。
両者の大きな違いがその「審査のハードルの高さ」なのです。

銀行系カードローンの審査は自ずと厳しく、対して消費者金融系カードローンは比較して甘目の設定となっています。
これは限度額の上限や先に触れた総量規制の有無が大きく関係している事は、言うまでもありません。
総量規制を適用し、定収入がある事が確認されねばならないのが審査基準の消費者金融系カードローンですから、その他の審査のハードルは銀行系と比較して低目でもリスク防止出来るのです。

その他金利設定や返済方法等は、各々の契約に因って異なりますが、いずれも法律の範囲内の数値と選択肢となります。
早ければ「申込当日融資」も可能というスピード感が大きな魅力の消費者金融系カードローンですので、その手軽さから銀行系よりも多くの利用者を有しているのも納得です。
利用者は自身の返済能力を冷静に見極め、確実に利用と返済を繰り返す事で、契約当初から利用限度額をアップさせる事も期待出来ます。
何より利用目的が制限されず、借入金をあらゆる目的に用いる事が出来る点も大きな魅力です。
皆さんも目や耳にした記憶をお持ちの「利用は計画的に」をしっかり踏まえて活用すれば、経済社会を生きて行く上で大きな力となってくれるサービスなのです。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.