返済計画

キャッシングの総量規制ってどういうこと?

まずは「キャッシングの総量規制」を噛み砕いて言い換えると「利用者は年収の3分の1を超えた融資を受ける事が出来ない」となります。
仮に年収が600万円の定収入を持つサラリーマンの場合、借入可能額の上限は200万円という計算となります。
既にお察しの通り、この上限の線引きの主たる目的は、債務超過や多重債務から借入者自身が経済的に破綻してしまう事を防止する事に他なりません。

また貸付業者も営利目的で法定金利内で返済時に金利を得る事で利益を確保していますので、利用者が破産してしまっては困ります。
総量規制にはこうした利用者と融資者、双方を「保護する」効力が期待されている一面が存在しているのです。
ここから少し複雑な話になりますが、この総量規制、今日一般的なショッピングクレジットカードと1枚で双方の機能を持つカードの場合、以下に述べる解釈となるので要注意なのです。

ちなみにクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外であり、仮に目一杯利用してもキャッシングの総量規制枠に直接的な影響はありません。
しかし複数のキャッシングカードの場合、Aというカードで借入た金額が存在する場合、未使用のBというもう1枚のキャッシングカードの総量規制枠内にこの金額が反映されてしまうのです。
例えば上記の年収600万円の人物がA、B2枚のキャッシングカードを保有していて、Aで既に150万円の借入を起こしている場合、Bを用いて借入可能な額は50万円が上限となるのです。

Bのカード作成時には「利用限度額200万円」と解釈していた場合、「なぜ現在利用していないのに50万円しか借入出来ないんだ!?」となってしまいそうですが、これが総量規制なのです。
こうした総量規制の解釈から、既に複数のキャッシングカードを保有している人物が更に新規作成を試みた際、その時点の借入状況次第では、収入証明の提示を求められる事もあります。
更には既に使用頻度が限度額一杯であったり、過去の返済状況を検証した際に延滞歴などが確認された場合、新規キャッシュカードの契約が「不可」と判定されるケースも見られるのです。

利用者からすれば、実際には一切利用していないハズのカードが時に「使用不可」となる訳ですから、これは納得行かない事と言えますが、これが現状の日本での解釈判断なのです。
キャッシュカードを複数保有して駆使するタイプの方の場合、こうした現行の日本の貸金業法の解釈をしっかり理解把握し、常に自身の現在の状況を確かめる習慣をつけておくべきでしょう。
そして有事にも速やかに対処法が講じられる、そんな無駄なく活用出来るクレジットカードの持ち方を再検証する事も大切だと言えるのです。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.