返済計画

査定方法はキャッシング会社によって違う?

急にまとまった金額が必要となった、あるいは計画的に借入を起こそうとした際に便利この上ないのがキャッシングサービスです。
ですが金融機関から現金を融資してもらう以上、申込者は各社の「審査」をクリアしなければなりません。
当然利用者側とすれば、少しでも審査基準が甘い金融機関を選択利用して、速やか確実に融資を受けたいのも当然です。

そこで「査定方法は各社で統一されているのか、あるいは各々異なっているのか?」という素朴な疑問が浮上する事になるのですが、皆さんはこの辺りをどう捉えれておられるのでしょうか?
ここではこの疑問に関し、一緒に掘り下げて考えてみたいと思います。
キャッシング会社は慈善事業でもNPO法人でも無く、あくまで営利目的の法人組織です。

利用者にお金を融資し、返済に際し法定利息内での「利子」を回収する事が自社の利益となります。
貸付を行う利用者を審査吟味するのは当然の事であり、貸したお金が回収出来ない状況が続けば、言うまでもなく自社の存亡の危機に直面してしまいます。
ですが昨今は多くの同業者が新規利用者を奪い合うかの如く、積極的に低金利を謳い争い、あるいは新規加入者には無利息貸付を実施するケースまで見られています。

このように利息を他社と比較して少しでも低く設定する事は、確かに新規利用者獲得には効果大ですが、それだけ得る事の出来る利益は減少しますから、いわば「両刀の刃」なのです。
そして何より注意しなければならないのが、利用者が多重債務等から返済不能に陥り経済破綻する事ですから、自ずと利用者の返済能力を厳しく査定せざるを得ません。
しかしこの査定基準を厳しくし過ぎると、結果貸付出来る顧客数自体を小さくしてしまいますから、どれだけ返済能力がお墨付きでも人数が少なければ十分な利益確保とはならないのです。

クレジット会社側はこうした諸々を総合的に判断しつつ、自社の査定基準を設定せざるを得ないのです。
最低に際しての手順や参考とする資料等は共通していますが、最終的に「審査合格」「審査不合格」をどのラインで判断するのかは、あくまで各社に因って異なります。
実際「A社では借入不可な人がB社ではOK」という事例は珍しく無く、これが申し込み順が違ってB社が先にOKであれば、その情報を基準にA社もOKの判断を下す場合もあるのです。
申込順が生み出す、何とも理不尽不思議な審査結果ですが、これがキャッシング会社の査定基準の現実の一面なのです。
「査定方法手順自体は基本共通しているが、最終判断の厳しさ加減には会社間で差が存在している」というのが一般ていな見解となっています。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.