返済計画

キャッシングって怖いもの?

現在一定年齢以上の方の中には「キャッシングなんて恐ろしい」「手を出したが最後、命まで危ない」などと、その言葉の響きだけで恐怖感嫌悪感を露わにされる方が見られるのも事実です。
確かに一昔前に全部ひっくるめて「サラ金」「街金」「ヤミ金融」などと間違った中途半端な知識だけで語られていた時期もありましたが、それも遠い昭和の時代の誤った噂話です。
キャッシング会社は所定の認可を得た上で法定金利の上限を遵守し、無担保で一定金額を利用者に貸し付ける金融業です。

銀行が利用者に勧める「無担保ローン」と基本的には同じだと捉えて間違いありません。
借りたお金の返済が滞れば、当然督促が為されますが、これにも今日ではその手段時間等に規定制限が明文化されており、利用者が身の危険を感じるような督促はありません。
「いきなり怖いお兄さんが玄関を蹴り上げに押し掛けて来た」「会社まで乗り込まれた」「脅迫文まがいの書面や電話が殺到した」などの事例は、健全なキャッシング会社を利用していれば皆無です。

但しいわゆる反社会勢力組織が絡む違法な金融業者に引っ掛かってしまった場合、その懸念がゼロと言えないのも現実である事はしっかり踏まえておいてください。
借入時に約束を交わしたルールを守れず、返済に延滞を来たした以上、その非は借り入れた側に当然存在します。
これが頻繁極端になった場合、法律に基づく範囲内で延滞損害金額が加算されたり、信用調査機関に俗に言うところの「ブラックリスト(要注意)人物」として登録されてしまう可能性が生じます。

今後クレジットカードの利用や新たなキャッシングを希望した際に「利用不可」の査定が為されるリスクに直結しますので、借りたモノはキチンと返す「子供の頃に習った基本」を遵守しましょう。
キャッシングで何が一番怖いかと言えば、間違いなく「多重債務状態に陥る事」に他なりません。
極論を言えば、これこそがキャッシングで唯一最も「怖い」状況なのです。

自身の返済能力を超えての借入を複数のキャッシング会社に返済すべく、自転車操業的に複数の会社からの借り入れを回すうちに金利が膨らみ続け、最終的にパンクしてしまう最悪の展開です。
この状況を徹底して回避すべく、自身の返済能力を冷静に見極めて必要最小限だけを借入で賄うのであれば、キャッシングはとても便利な金銭の一時的補填手段として活用に値するシステムです。
大切なのは「キャッシングを日常化しない」自制心だと言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.