返済計画

銀行系カードローンって何?

最近では人気タレントを起用した宣伝を各メディアで目や耳にする「銀行系カードローン」ですが、皆さんはご存知でしょうか?
ここでは一般的な消費者金融系のキャッシングとの違いを比較しながら、その特徴を一緒に確かめてみたいと思います。
まず最も異なる点として挙げられるのが「総量規制の対象内か対象外かの違い」です。

ちなみに総量規制とは「利用者は年収の3分の1以上の借入は不可」という借入限度額上限を規制する事を指しています。
銀行系カードローンは、この総量規制の「対象外」となっているのです。
これは貸金業法で定められた規定であり、消費者金融系ではこちらが適用されています。

次に「専業主婦の借入が可能」である点も銀行系カードローンの特徴で、低収入がある事が貸付条件となる消費者金融系とはこの点も全く異なっています。
更に設定される融資限度額も銀行系カードローンは消費者金融系より大きく、後者が上限300万円に対して500万円となっています。
ですが当然、審査に関しては消費者金融系よりも厳しい点も忘れてはなりません。

大手銀行が営むカードローンですので、特に初めて利用する方々にとっては「安心信用出来るイメージが強い」のも特徴の1つだと捉えられるかと思います。
ですがこの点はあくまで印象面の話であり、消費者金融系だから銀行系より危険で怖いという短絡的な判断は誤りである事は踏まえておきましょう。
最後に上記と重複しますが、融資限度額が高目に設定されているが故、今日多くの消費者金融系が謳い文句にしている「即日融資」的な審査は望めません。

審査期間も長目であり、希望に沿った回答が得られない場合も珍しくありませんが、総量規制対象外の貸し付けを行う銀行側の自衛としては、これは当然の事なのです。
利用者のキャッシングの目的や返済能力、自身の置かれた立場に因って、どちらがマッチしているのか、どちらにより多くのメリットが確認出来るかは十人十色です。
実際に利用を検討するのであれば、双方の特徴をキチンと把握の上、自分自身が無理無く返済出来、最終的に諸々の負担が少ない方をチョイスする事が重要です。
興味をお持ちであれば、このサービスを提供している各行の公式ホームページや関連サイトから情報を募る事が可能ですし、実際に銀行に足を運び説明を受けるのも有効です。
一朝一夕で結論を急がず、じっくり検討の上で申請すべきシステム、それが銀行系カードローンだと言えるかと思います。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないものについて All Rights Reserved.